小林可夢偉が語る今季。WEC王座争いは「あれ? いける?」って感じ

■小林可夢偉インタビュー@前編

 2016年12月2日、小林可夢偉はオーストリアのウィーンにいた。13世紀に建築された豪華絢爛なホーフブルク宮殿の広間で、慣れないタキシードを着て待つこと6時間。FIA年間表彰式の壇上に立ち、WEC(世界耐久選手権)ドライバーズランキング3位の表彰を受けた。

「FIA表彰式に出席したのは初めてです。ものすごく豪華で世界中から人が集まってるし、今まで行ったなかで一番デカいパーティやったし、ちょっとビックリしました」

 会場では5日前にF1の王座を獲得したばかりのニコ・ロズベルグが突然の引退を表明し、驚きに包まれていた。しかし、F1の表彰が行なわれているころ、可夢偉は会場の外にいた。あまりの長時間に及ぶパーティで、じっとしていられなくなってしまったからだ。

「午後6時くらいに始まって、下位カテゴリーからず〜っと順番に表彰していくから、めちゃくちゃ時間がかかるんですよ。『これ、いつになったら終わんのやろ?』っていう感じで。WECはかなり最後のほうの表彰やったんですけど、終わったのは結局12時半くらいでしたからね。ずっとタキシード着たままで6時間ですよ、ヤバいでしょ?(苦笑) 次の日は朝の4時過ぎに出発して、滞在時間よりも飛行機に乗ってる時間のほうが長いし、ヘロヘロで日本に帰ってきましたよ」

この記事の続きを読む

1