絵筆から楕円球へ。 「花園」を駆けた白谷ドンジョとは何者なのか?

 緑の芝生が輝くラグビーの聖地を、身長183cm・体重82kgの白谷ドンジョが、日本代表FB松島幸太朗(サントリー)よろしく、バネのある走りで駆け抜けた。

 1月7日(土)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で行なわれた全国高校ラグビー(通称「花園」)の決勝戦の前に、「もうひとつの花園」 と呼ばれる「U18合同チーム東西対抗戦」があった。この試合は単独では花園の予選に出場できない小人数校の高校ラガーマンたちに、聖地でプレーする夢と希望を与えるために開催されているもので、今年で9回目を迎える。

 対抗戦のメンバーは、毎年7月末に全国各ブロックの選抜チームによって行なわれている「KOBELCO CUP」こと、全国高校合同チームラグビー大会(長野・菅平)に参加した選手の中から、東軍と西軍に分かれて25人ずつが選抜される。過去には、大学選手権の決勝でもプレーしたNECのWTB宮前勇規(三重・名張西高)や、日本代表にも選出されたキヤノンのLO宇佐美和彦(愛媛・西条高)もこの対抗戦に出場している。

 そんな晴れ舞台に、今年度の部員が8人、同期はたった3人という三重・飯野高のWTB白谷ドンジョ(3年)も東軍の選手として選ばれ、前半22分には右タッチライン際を快走してトライを挙げた。「楽しかったです!」 と笑顔でロッカールームに戻ってきた白谷は、そのシーンを振り返って「仲間がつないでくれて外が余ったので、トライを取らないとやばいなと思いました」とホッとした表情を見せた。

この記事の続きを読む

1