韓国ゴルフ界からの新たな美人刺客、 アン・シネは「セクシー系」

 最近、ゴルフの取材現場で韓国人選手の話題になると、必ず聞かれることがある。

「アン・シネとユン・チェヨンって、どんな選手? 特にアン・シネって、韓国ですごく人気があるんでしょ?」

 日本デビューを前にして、これほど注目されている韓国人女子プロゴルファーも珍しい。アン・シネ(26歳/韓国)とユン・チェヨン(29歳/韓国)――。2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミ(28歳/韓国)、昨季ツアー2勝を飾って人気上昇中のキム・ハヌル(28歳/韓国)に続いて、日本女子ツアーに本格参戦を果たす、強さと美しさを備えた新たな韓国からの"刺客"だ。

 昨年末に行なわれた日本女子ツアーのファイナルQT(※)で、アン・シネが45位、ユン・チェヨンが5位となって、今季からの日本ツアーに挑むふたり。成績上位のユン・チェヨンはほぼフル参戦となるが、アン・シネは20試合前後の出場が見込まれている。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

 彼女たちについては、すでに日本でも多くのメディアが取り上げ、ツアー開幕前からその知名度はかなり高い。イ・ボミやキム・ハヌルが来日した当初は、ここまで騒がれることはなかった。そういう意味では日本ゴルフ界、つまり日本のメディアやファンが、今やそれだけ韓国女子ゴルファーに注目している証拠だろう。

この記事の続きを読む

1