なぜか苦戦になってしまう錦織圭。 「もっと自分から攻めていかないと」

2017年最初のグランドスラムであるオーストラリアン(全豪)オープンが開幕。第5シードの錦織圭(ATPランキング5位、1月16日付け、以下同)は、1回戦でアンドレイ・クズネツォフ(48位・ロシア)を、5−7、6−1、6−4、(6)6−7、6−2で破り、2回戦に進出した。 

 前哨戦のATPブリスベン大会決勝で痛めた左でん部のケガは回復し、幸いこの1回戦には影響がなかったようだ。大会開幕前に、マイケル・チャンコーチは、「大丈夫だと思います。練習をたくさんしてきましたが、よくできています。(1回戦の)月曜日には準備が整うでしょう」と語り、さらにダンテ・ボッティーニコーチも、「ここ2〜3日、圭は何も不平を言っていません。100%だと思いますし、いいプレーができていると思います」と語っていたことが、錦織の勝利によって証明された。

 ただし、試合のスコアが示すように、テニスの内容はベストと言えるようなものではなく、錦織からは反省の言葉がこぼれた。

「メンタル的に攻め切れていなかったので、そこが一番原因だと思います。フィジカル的にはまったく問題なかった」

この記事の続きを読む

1