韓国から満を持して上陸する 「元祖美女ゴルファー」ユン・チェヨン

 2017年シーズン、イ・ボミ(28歳/韓国)、キム・ハヌル(28歳/韓国)に続いて、韓国から新たにやってくる、ふたりの"美人刺客"が注目を集めている。アン・シネ(26歳/韓国)とユン・チェヨン(29歳/韓国)である。

 とりわけ後者のユン・チェヨンは、昨年末に行なわれたファイナルQT(※)で5位という好成績を残して、ほぼフル参戦できる権利を獲得。日本ツアー本格参戦1年目から、かなりの活躍が見込まれている。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

 韓国でも「美人ゴルファー」として人気のユン・チェヨン。彼女と初めて会ったのは昨年の春、日本ツアーのヤマハレディースオープン葛城に出場したときだった。

 彼女はヤマハと用具契約を結んでいて、主催者推薦によって昨年2度目の出場を果たした。3日目を終えて首位に立つなど、いきなり優勝争いを繰り広げてその存在をアピール。最終的には3位タイと大健闘した。

この記事の続きを読む

1