小林可夢偉、今季の抱負。クルマと私生活、 両方でいい「彼女」を探す

「ずっと元カノのことを問いただされてる感じで、すごい嫌やねん。昔、付き合ってた彼女のことをゴチャゴチャ言う男って、なんか嫌じゃない?」

 浮上のきっかけすら掴めないまま終わってしまった2016年のスーパーフォーミュラを振り返っている途中、小林可夢偉は言った。いかにも可夢偉らしい例え話だが、まさにそのとおりだ。

 可夢偉の速さは誰もが知っている。1年で急に遅くなるわけなどない。では、なぜ......。彼ほどのドライバーがワンメイク(エンジンは2メーカー)のレースで優勝争いはおろか表彰台にすら立てず、ポイントを獲得することにさえ苦労し、最終戦でようやく1ポイントを獲っただけでシーズンを終えなければならなかったのか?

 その理由を問いたださないわけにはいかない。

 過去の女性に例えたように、可夢偉はあまり多くを語ろうとはしない。

「レースってね、ダメなときは何をしてもダメなんですよ。1回うまくいくとスムーズに回り始めるんですけど、ダメなときはそこから巻き返すのはそんな簡単なことじゃないし、(スーパーフォーミュラというカテゴリーが)そういうレースらしいレースだっていうことでもある。僕のなかではそんなにビックリすることでもなくて、僕自身GP2アジアではビックリするくらい速かったのに、その後のヨーロッパ本戦ではグダグダになるみたいなこともあったし、それがレースというものやから」

この記事の続きを読む

1