サッカー人生は「8割以上が逆境」の 富樫敬真が、混迷マリノスを救う

2017年、私のイチオシ「Jリーガー」(1)
◆富樫敬真(横浜F・マリノス/FW)

 彼がサッカーに感動を覚えたのは、小学校3年生のときだった。

 深夜、テレビを見ていた祖母が、ある番組内で「2002年日韓ワールドカップ観戦チケットをプレゼント!」という告知が流れるのを見て、ハガキで応募してくれた。「サッカーが好きな孫のために」という想いが通じたのか、当選した。

 カードは、日本vsロシア。日産スタジアムは満員で、熱気を肌に感じられるほどだった。稲本潤一のゴールが決まった瞬間、スタンドでは知らない日本人同士でも抱擁をかわしていた。

「サッカーってすごい! こんな力があるんだ。オレもサッカー選手になりたい!」

 少年はその熱に浮かされたように、サッカーボールを蹴ることに没頭するようになった――。

 富樫敬真(とがし・けいまん/23歳)は、横浜F・マリノスで今年3シーズン目を迎えるストライカーである。

 富樫は母がアメリカ人ということもあるのか、上半身の幅が厚く、手足も長く、基礎的な体の強さ、持久力、爆発力を備える。"足回り"のよさは傑出し、今シーズンのホーム最終節では13.618kmを走破。これはシーズンを通じて、FWとしてはダントツトップの記録である。スプリント回数(時速24km以上)も、チーム1位である日本代表MF齋藤学に比肩(ひけん)する。

この記事の続きを読む

1