レアルも驚いた鹿島・昌子源は今季、 日本代表のレギュラーになれるか

2017年、私のイチオシ「Jリーガー」(2)
■昌子 源(鹿島アントラーズ/DF)

 J1リーグ年間チャンピオン、FIFAクラブワールドカップ準優勝、そして天皇杯優勝によって有終の美を飾った鹿島アントラーズ。2016年の国内サッカーは、さながら"鹿島一色"に染まって幕を閉じた格好となった。その中で、ひと際輝きを放っていたプレーヤーがいた。

 不動のセンターバックとして、タイトル獲得に貢献した昌子源(しょうじ・げん)、24歳。来る2017年シーズンに向けて、さらなる活躍を期待せずにはいられない、伸び盛りのディフェンダーである。

 年間勝ち点2位の川崎フロンターレと、同1位の浦和レッズを破ったチャンピオンシップにおけるパフォーマンスはもちろんのこと、それ以上に昌子の成長ぶりとポテンシャルの高さがうかがえたのは、南米王者のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)や、欧州チャンピオンのレアル・マドリード(スペイン)という世界の強豪クラブと戦ったクラブW杯だった。

 例えば、レアル・マドリードとの決勝戦における後半終了間際に見せたクリスティアーノ・ロナウドとの1対1、あるいは準決勝アトレティコ・ナシオナル戦の前半23分に見せたシュートブロックなどは、昌子の持つ1対1の強さと巧さ、危険察知力とカバーリング力の高さを象徴するシーンだった。

この記事の続きを読む

1