「圭はサーブがよくないが...」。 敗れたシャルディが語る錦織の強み

 2017年オーストラリアン(全豪)オープン2回戦で、第5シードの錦織圭(ATPランキング5位、1月16日付け、以下同)が、ジェレミー・シャルディ(72位、フランス)を6−3、6−4、6−3で破り、7年連続の3回戦進出を決めた。

「(シャルディは)当たると強い選手ですけど、ミスも多いので、しっかりリターンが入れば、ブレークできるチャンスはあると信じていた」

 こう錦織が語ったように、シャルディはウィナーが取れるフォアハンドの逆クロスを得意とするものの、ポイントを組み立てる以前にミスを犯し、試合全体で53本ものエラーを数えた。

「タフマッチでした。今日はたくさんチャンスがあったと思うけど、せっかくブレークしても、自分のサーブがよくなかったので、勝つのは難しかった。圭は本当にいい選手で、とても動きが速い。ベースライン上でうまく、早くボールを捕らえる。僕は、圭がベースラインプレーヤーの中ではベストのひとりだと思っています」

 そのコメントのとおり、シャルディはダブルフォルトを5回もして、セカンドサーブでのポイント獲得率も40%にとどまり、試合の主導権を握れなかった。

 一方、錦織のファーストサーブの確率は69%、ファーストサーブのポイント獲得率は67%、セカンドサーブのポイント獲得率は56%と全体的に悪くなかった。しかし、セットの立ち上がりのサービスゲームに課題が残った

この記事の続きを読む

1