「自分が間違っていた...」。 シード落ちの香妻琴乃が探す復活への道

 まさか、香妻琴乃(24歳)がこんな言葉を発するとは思わなかった。

「1回、リセットというか、一番下まで(落ちて)きたという気持ちです」

 少し間を置いて、今までのゴルフ人生で一番つらかったのか? と聞くと「そうですね......」と、か細い声を漏らして頷いた――。

 昨シーズンの女子ツアーを振り返ると、2年連続賞金女王となったイ・ボミ(28歳/韓国)の活躍が光る一方で、シード権(賞金ランキング50位以内)争いが熾烈を極めた。そして最終的には、元賞金女王の森田理香子(27歳)をはじめ、茂木宏美(39歳)や北田瑠衣(35歳)ら、多くのツアー常連選手がシード陥落という憂き目にあった。それは、非常にショッキングな出来事として世間を騒がせた。

 シード落ちした選手の中には、ツアー屈指の人気を誇る香妻の名前もあった。香妻は2014年シーズン、推薦枠をフルに使って賞金ランク19位という成績を収め、初のシード権を獲得。2015年シーズンも腰痛に悩まされながら、なんとか賞金ランク48位となって2年連続でシード権を確保した。

 しかし昨シーズンは、長引く腰痛に苦しみながら、出場した33試合中、半分以下の15試合でしか予選通過を果たせなかった。目標としたツアー初勝利も遠く、思うようなシーズンを過ごせなかった。結果、賞金ランク52位という成績に終わり、賞金シード獲得にはあと一歩及ばなかった。

この記事の続きを読む

1