札幌の異能ストライカー、都倉賢。 三度目のJ1で31歳が大暴れの予感

2017年、私のイチオシ「Jリーガー」(3)
■都倉 賢(北海道コンサドーレ札幌/FW)

 近年のJ1では、J2を制して昇格してきたクラブが、いきなり好成績を残すケースが続いている。2011年の柏レイソル、2014年のガンバ大阪が昇格1年目で優勝を果たした例は別格としても、昨季は大宮アルディージャが5位、一昨季も湘南ベルマーレが8位と健闘した。

 となると、今季は北海道コンサドーレ札幌に期待、である。

 昨季の札幌は、総失点33という堅守を武器にJ2優勝を果たした。無失点試合は実に20を数える。当然、J1を戦ううえでも、まずは堅守が支えとなるだろう。

 だが、言い方を変えれば、堅守という武器があるだけに、いかに得点を奪うかが、勝ち点を積み重ねていくためのカギでもある。どれだけディフェンスでがんばっていても、どこかで得点できなければ勝つことはできないし、結果が出なければ、気持ちを切らさず戦い続けることも難しくなる。

 そこで期待したいのが、FW都倉賢(とくら・けん)だ。

この記事の続きを読む

1