香川真司の先発が急増へ。 ブンデス後半戦はきっちり監督の構想入り

 1月20日、ブンデスリーガが再開する。

 前半戦は6位と苦しんだドルトムント。香川真司もまた不調に襲われ、結果を出せずに折り返しを迎えた。リーグ戦では16試合中、先発したのはわずかに7試合。フル出場は開幕戦だけで、得点は0だった。ドイツ杯1回戦では2得点を挙げているが、格下の相手だということを考えれば評価の対象外だ。

 香川は9月ごろから断続的に右足首の不調を訴えていた。原因は骨挫傷とのことで、足首の水を抜いたことも明かしている。ただ、16年の最終戦となったアウクスブルク戦では先発復帰しており、コンディション的には問題がないと見るのが自然だろう。

 1月上旬、スペインのマルベージャで行なわれた合宿では順調にメニューをこなしたようだ。PSV戦、スタンダール戦と練習試合に先発。PSV戦では得点を挙げ、スタンダール戦でも得点に絡んだ。最後の調整試合となった17日のパーダーボルン戦でも先発し、64分までプレー。得点こそなかったが、トーマス・トゥヘル監督の構想にきっちり入っていることがうかがえた。

 ドルトムントの台所事情はまだまだ苦しい。攻撃陣では大黒柱のオーバメヤンがアフリカネイションズカップのために不在。ガボンの結果次第だが、最長で2月5日の決勝まで拘束される可能性があり、攻撃陣は手薄だ。

この記事の続きを読む

1