トランプ現象でスペイン代表が分裂か?  サッカー界に潜む独立問題

 1月20日、アメリカではドナルド・トランプが大統領に就任している。これは「世界の潮流」に力を得た結果ともいえるだろう。

 21世紀初頭、世界はボーダーレスし化し、グローバリズムに向かって突き進んできたが、その猛烈な流れは収束しつつある。代わって勢力を増しているのがナショナリズム、ローカリズム。それはともすれば、内向きの政治転換へとつながる。

 ヨーロッパ各国ではかつてないほど右派が台頭。ポピュリズムにローカリズムが歪(いびつ)に結びついている。スコットランドはイギリスからの独立で国民投票を行ない、僅差で反対派が上回ったが、一方でそのイギリスは国民投票を行ない、EUからの離脱を決めた。皮肉にもボーダーレス化が、人々にボーダーを認識づけることになっているのだ。

 2016年12月28日、ビルバオ(スペイン)。バスク代表はFIFAランキング35位のチュニジア代表(ちなみに日本は45位)と対戦し、3−1で勝利を収めている。スペイン代表のアリツ・アドゥリス、ミケル・オジャルサバルらが得点を決め、大いに気勢を上げた。

「なぜスペイン代表選手なのにバスク代表に?」

 この矛盾に、世界の流れの断片が見える。バスク代表はFIFA非公式のチーム。バスクはあくまでスペインの自治州のひとつであって、国としては認められていない。複合民族国家であるスペインは、国内にも"国境"が存在するのだ。

この記事の続きを読む

1