松山英樹も賭けの対象に!? PGAツアー新コミッショナーの思惑

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 年が明けてPGAツアーは、ジェイ・モナハン氏(46歳)が新たなコミッショナーとして正式に就任。文字どおり"ニューイヤー"を迎えることになった。

 前コミッショナーのティム・フィンチェム氏(69歳)が同役職に就いたのが、1994年。昨年まで、実に22年間の長きにわたってツアーをけん引してきた。彼の手腕によって、ツアーが大きな成長を果たしたことは間違いない。

 しかしながら、やはり長期政権となると、どこかしらに歪みが出てくるもの。そうした部分を正しつつ、ツアーに新たな風を吹き込むことが期待されるのが、4代目のモナハン氏である。はたして、これからPGAツアーはどんな道を歩んでいくことになるのだろうか。

 新コミッショナーのモナハン氏は、マサチューセッツ州ボストンの出身。トリニティカレッジ時代は4年間ゴルフ部に在籍し、オールアメリカン(ディビジョン2)に選ばれるなどの活躍を見せた。その後、マサチューセッツ大で『スポーツマネジメント』の修士課程を修了し、以降はスポーツビジネスの道を一貫して歩んでいった。

この記事の続きを読む

1