「奇跡の繁殖牝馬」が送り出すヴェリタブル。母の名声を高められるか

厳選!新馬情報局(2017年版)
■第34回:ヴェリタブル

 GIの勲章を持つ名牝が、繁殖牝馬となって名馬を送り出す。それは、競馬というスポーツだからこそ味わえる"傑作ドラマ"と言えるだろう。一方で、現役時代に輝かしい成績を収められなかった牝馬が、母となってから活躍馬を次々に出すことがある。これもまた、競馬界における"奇跡のドラマ"であり、競馬ならではの醍醐味と言えるのではないだろうか。

 そうした"奇跡"の生みの親の代表格と言えるのが、繁殖牝馬のトキオリアリティーだ。彼女は、1996年から1998年まで競走馬として過ごしたが、キャリア通算3勝の成績にとどまり、重賞レースに出走することもなく、条件クラスのまま現役生活を終えた。

 しかし、引退後のトキオリアリティーは、日本トップクラスの繁殖牝馬となったのである。それは、これまでに生んだ産駒の経歴を見れば、一目瞭然だろう。

 例えば、2008年に生んだリアルインパクト(牡/父ディープインパクト)は、3歳春の時点でGI安田記念(東京・芝1600m)に挑戦。強豪古馬たちを一蹴し、GIタイトルを手にした。さらに、7歳時には海外GIのジョージライダーS(オーストラリア・芝1500m)を勝利。他にも、GII阪神C(阪神・芝1400m)を連覇するなど、マイル、短距離路線で息の長い活躍を見せた。

 2002年に生んだアイルラヴァゲイン(牡/父エルコンドルパサー)は、GIIIオーシャンS(中山・芝1200m)を制して重賞ウイナーの仲間入り。それ以外にも、GIレースで2度3着になるなど、常に重賞戦線で勝ち負けを演じたトップクラスの1頭だった。

この記事の続きを読む

1