「ポジションを奪い返すために」香川真司が後半開幕戦いきなりフル出場

 ドルトムントのブンデス後半開幕戦、ブレーメン戦で香川真司は実に今季2度目のフル出場。2−1の勝利に貢献した。

「課題がたくさん残るゲームだったけど、前半、ああいう状況(6位)で終わって、みんながすごくプレッシャーを感じていました。大事な(後半戦の)初戦ということで、なにか開幕戦みたいな雰囲気がチームにあった中で、こういう厳しいピッチコンディションを含め、アウェーで勝てたことは一番よかったと思います」

 そう語る香川の表情は比較的明るく、悪くはない試合だったと捉えていることが伝わってきた。かといって、はっきりと安堵や充実感をにじませる、というところまではいかない。

 この日、香川はいつものように4−3−3の中盤から、状況によっては4−4−2の左MFへとポジションを変えながらプレーした。ひとまず及第点とは言えるが、正直なところ、どこか物足りなさを感じだのも確かだった。

 香川がいつも口にする「結果」、つまり得点やアシストがないというのもひとつの要因だろう。だがそれだけでなく、そのひとつ前のプレーに関わっている印象も薄いのだ。

この記事の続きを読む

1