ガンバの堂安律、J1でも世界でも「マラドーアン」が止まらない!

2017年、私のイチオシ「Jリーガー」(6)
■堂安 律(ガンバ大阪/MF)

 スタンドから眺めていて、あるいはテレビで見ていて、自然と目がいくタイプがいる。レフティーの選手である。

「どうして?」と聞かれれば、「好きだから」としか答えようがない。左利きの選手、それも中盤のファンタジスタ系、マエストロ系のプレーヤーが。

 日本人では、名波浩、中村俊輔、家長昭博......。海外では、ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)、ゲオルゲ・ハジ(ルーマニア)、デヤン・サビチェビッチ(ユーゴスラビア/現モンテネグロ)、アルバロ・レコバ(ウルグアイ)......。

 そもそもレフティーは希少価値が高いうえに、ボールのさらし方や相手との間合いが独特かつ絶妙で、プレーのリズム、ドリブルのテンポも右利きの選手とは異なっている。さらに芸術性に優れた選手が多いから、攻撃で"違い"をもたらすことができるタイプが多い。

 そんなレフティーの中で新シーズンに頭角を現しそうな期待のブレイク候補生がいる。

 プロ2年目を迎えるガンバ大阪の堂安律(どうあん・りつ)だ。

 ジュニアユースからガンバでプレーする生え抜きで、高校2年となった2015年に2種登録され、5月27日のAFCチャンピオンズリーグ、FCソウル戦でクラブ史上2番目の若さでトップチームデビュー。高校3年となる翌2016年にトップチームに昇格した。

この記事の続きを読む

1