錦織圭、フェデラーと死闘も、もう「善戦を評価される立場」ではない

 ロジャー・フェデラーは、3時間24分におよぶ5セットの末に、錦織圭を破った瞬間、まるで優勝したかのように、コーチ陣に向かって目を見開いて雄叫びを挙げながら、飛び上がって喜んだ。それだけ錦織とのグランドスラム初対決が簡単ではなかったことを象徴するようなシーンだった。

 オーストラリアン(全豪)オープンテニス4回戦で、第5シードの錦織(ATPランキング5位、1月16日付け、以下同)は、第17シードのフェデラー(17位、スイス)に7−6(4)、4−6、1−6、6−4、3−6で敗れ、メルボルンで3年連続のベスト8進出はならなかった。

 第1セットの立ち上がりは、フェデラーのミスが早いうえに多く、錦織が第1、第3ゲームのサービスブレークに成功して一気に5−1とリードを奪った。

 しかし、錦織が「5−2から格段に彼のテニスがよくなった」と振り返ったように、フェデラーのミスが減って、プレーのリズムが合い始めて、逆に錦織が2回サービスブレークをされて追いつかれてしまう。どうにかタイブレークを錦織が制して第1セットを先取した。

「他の選手より展開が速いですし、(返球が厳しいので)甘いボールを1球も打てないという面で、他の選手と比べると難しい」

 こう錦織が語ったように、フェデラーは、サーブ&ボレーを織り交ぜたり、リターンからネットにつなげたりして終始攻撃的なプレーに徹した。

この記事の続きを読む

1