2歳チャンピオンは勝てるのか?血統面から今年のクラシックを占う

 年が改まり、クラシック候補も揃ってきた。これからデビューする馬でとんでもない大物が出てくる可能性も残っているが、常識的には現時点で勝ち上がっている馬の中から、クラシック馬が誕生するだろう。そこで今年の春のクラシックを牡牝分けて、血統的観点から注目馬を挙げていこう。

【牡馬戦線】
GI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)
GI日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)

 GI朝日杯フューチュリティS(2016年12月18日/阪神・芝1600m)を勝ち、最優秀2歳馬のタイトルを獲得したサトノアレス(藤沢和雄厩舎)。レースでは後方追走から直線では外を回り、上がり3ハロン34秒1の瞬発力で差し切った。クラシックホース続出のディープインパクト産駒だが、全兄2頭は芝1200〜1800mの特別戦勝ち馬。母の父デインヒルもどちらかというとスピード血統なので、距離が延びるクラシック本番には不安が残る。

 同厩舎のレイデオロ(父キングカメハメハ)はデビューから3連勝でGIIホープフルS(2016年12月25日/中山・芝2000m)を勝利。破壊力抜群の末脚で、スケールの大きさを感じさせた。その前の葉牡丹賞(500万下、2016年12月3日)から中山芝2000mを強い内容で連勝したことから、同条件の皐月賞は最有力候補と言えるだろう。母の父は有馬記念連覇のシンボリクリスエスで、祖母の弟に3冠馬ディープインパクトがいる名牝系。ダービーの舞台も不安はないだろう。

この記事の続きを読む

1