平野美宇が全日本卓球で優勝。「女子16歳トリオ」の明暗を分けたもの

 全日本卓球選手権、女子シングルスは平野美宇が初優勝を飾った。

 今大会、非常に高い注目を浴びていたのが平野を含む、伊藤美誠(みま)、早田ひなの16歳トリオだった。伊藤は昨年、リオ五輪女子団体銅メダル獲得に貢献し、平野はワールドカップ・シングルスで大会史上最年少の16歳で初優勝を果たした。早田は2016年世界ジュニア選手権大会に伊藤、平野らとともに日本代表として出場し、団体で優勝。ワールドツアーグランドファイナルU-21で優勝、ダブルスも制して、2冠を達成するなどメキメキと力をつけてきた。

 昨年の全日本では"みうみま"が準決勝で対戦し、決勝に勝ち上がった平野が石川佳純に敗れ、惜しくも最年少での優勝を逃した。今年も彼女たちにはそのチャンスが残っており、東京五輪に向けて新たなスタートを切る大事な大会だった。

 しかし、伊藤は5回戦で安藤みなみに、早田も芝田沙季にともに4−2で敗れて、早々に姿を消してしまう。そのなかで唯一勝ち残った平野が決勝まで進み、大会3連覇中の石川佳純をゲームカウント4−2で破って史上最年少(16歳9カ月)の優勝を果たした。

 彼女たちの明暗を分けたものはいったい何だったのか。

 伊藤は安藤との試合、第1ゲームを11−3で取り、完璧なスタートを切った。伊藤曰く「よすぎた」という内容で、松?太佑コーチも「今日は調子がいい。対策がハマった」と思ったという。第2ゲームも序盤はその勢いが続いていた。だが、途中で安藤が緩いボールを効果的に使い、変化をつけてくると粘り切れずに11−9で失った。

この記事の続きを読む

1