米ツアーの狭き門に挑む18歳・畑岡奈紗に現地メディアも熱視線

 LPGAツアー(米女子ツアー)の2017年シーズンがいよいよ開幕する。初戦は、ピュアシルク・バハマ(1月26日〜29日)。世界有数の高級リゾート地、バハマ・パラダイスアイランドで行なわれる。

 日本勢のなかで注目は、何といっても今年ルーキーとして参戦する畑岡奈紗(18歳)。昨季、アマチュアながら日本女子オープンを制した逸材だ。

 昨年12月に行なわれた米女子ツアーの最終予選会では、3日目までトップを独走。最終日に崩れて順位は落としたものの、前日までの貯金が生きて14位タイ(優先順位は18番目)でフィニッシュ。20人までが得られる今季の出場権を見事に獲得した。

 試合後、畑岡は「改めてゴルフの厳しさを知りました」と、まずは反省の弁を述べたが、米ツアー参戦という夢をつかんで、その舞台に思いを巡らせるとすぐに瞳が輝いた。

「アメリカで戦うには、もちろん(大事なのは)飛距離。あとは、やっぱりグリーン周りのアプローチをいかに寄せられるかだと思います。オフにはトレーニングを重点的にやって、2017年シーズンの目標は賞金ランク80位以内に入ってシード権を確保すること。そして、できれば1勝したい」

 そして迎えた2017年シーズン。畑岡は、開幕戦で無事にデビューを飾ることになる。

この記事の続きを読む

1