岡崎慎司を零封。「キャプテン」吉田麻也のリーダーシップが光り輝く

 プレミアリーグ第22節のサウサンプトン対レスター・シティ戦で、吉田麻也と岡崎慎司の日本人対決が実現した。レスターの岡崎は、公式戦3試合ぶりの先発。4−3−1−2のトップ下に入る一方、サウサンプトンの吉田も4−3−3のセンターバック(CB)として、公式戦7試合連続となる先発出場を果たした。

 振り返ると、プレミアリーグで日本人選手が同じピッチに立つのは、2013年1月のマンチェスター・ユナイテッド(香川真司)対サウサンプトン(吉田)以来、4年ぶりのこと。あれから香川は古巣ドルトムントへ舞い戻ったが、吉田は今もなお、イングランドで戦い続けている。

 この間の吉田は、ベンチを温め続けたり、不慣れなサイドバックとして起用されたりもした。「移籍」の二文字が頭をよぎったこともあったという。しかし、サウサンプトンの門を叩いてから5季目、28歳で迎えた今シーズンほど飛躍を予感させる年はないだろう。力強いパフォーマンスで、チーム内での存在感を高めているのだ。

 事実、シーズン前半戦でも確かな手応えを掴んでいた。DFジョゼ・フォンテとDFフィルジル・ファン・ダイクに次ぐ「CBの3番手」だったが、ヨーロッパリーグとリーグカップでは全試合でフル出場。週1回のペースで出番を掴むと、出場した試合で安定感のあるディフェンスを示し、定位置取りをアピールした。

この記事の続きを読む

1