8年ぶりの大改革。F1新レギュレーションで勢力図がガラッと変わる!

 2017年のF1は、「原点回帰」と「復権」が大きなテーマになる。マシンのレギュレーションが大幅に変更され、「醜(みにく)い」と非難を浴び続けたルックスがかつてのような精悍な姿に生まれ変わるとともに、1周で5秒ものタイムアップを果たし、世界最速の座をより確固たるものにするのだ。

 まず、マシンがワイドになる。車幅は1997年以前と同じ2000mmへと広がり(これまでは1800mm)、フロント&リアウイングも幅広で後退角がつくなど、精悍なルックスになる。リアエンドのディフューザーも跳ね上げが大きくなって(125mm→175mm)、ダウンフォース発生量は30%以上も増加するとみられている。

 そして、タイヤもワイドになる。フロントは245mmから305mmへ、リアは325mmから405mmへと拡大し、F1ブーム真っ只中だった1992年以前のレベルまでワイドになる。

 ただし、マシン自体の見た目は、それほどワイドな印象を与えないだろう。横幅は当時と同じレベルまで広がっても、ホイールベースがこの25年で大幅に伸長しているからだ。

 たとえば、1988年に16戦15勝を挙げたマクラーレン・ホンダMP4/4のホイールベースが2875mm(全長4394mm)、1998年のMP4-13は3060mm(全長4547mm)だったのが、2016年のMP4-31では3517mmまで伸び、前後のウイングも含めたマシン全長は5000mmを超えるようになっている。

この記事の続きを読む

1