【内藤雄士ゴルフレッスン】バックスイング2、フォロー8の感覚で練習を

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第42回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜
「ワン・ツー」ではなく、「ワン・アンド・ツー」のリズムで

内藤雄士コーチ:以下内藤 ドライバーのインパクトの音がよくなりましたね。球筋もかなり安定してきたように思いますが、練習していてわからないことはありませんか?

白石あさえ:以下白石 クラブをどこで加速させる意識を持てばいいのか、わからないんです。

内藤 なるほど、いい質問ですね。練習を重ねて、だんだんとボールに当たるようになると、うまく当てようとして手先や上半身の動きが強くなる傾向があります。白石さんもトップから切り返しで、上半身から先に動いて、右肩が前に出る傾向があります。飛ばしたい、うまく当てたいと思う気持ちが、実はヘッドスピードを減速させる要因になっているんです。

白石 なるほど。クラブを加速させるには、何を意識するといいんですか?

内藤 まずアドレスで構えて、クラブを上げて下ろす。これを「ワン」で上げて「ツー」で下ろしていると、上半身から動いてしまっているスイングです。正しくは「ワン」で上げてトップで「アンド」を入れて「ツー」で下ろす。この「アンド」がいわゆる"間"になって、クラブを加速させることにつながるんです。

この記事の続きを読む

1