偉大な姉ルージュバックとともに栄冠獲得を目指す、エリティエール

厳選!新馬情報局(2017年版)
■第35回:エリティエール

 まだGIタイトルにこそ手が届いていないものの、誰もが認めるトップクラスの現役牝馬と言えば、ルージュバック(牝5歳/父マンハッタンカフェ)だろう。 

 2014年秋にデビューした彼女は、新馬、500万特別、そして翌年のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)と3連勝を遂げた。しかもその内容が秀逸で、2戦目の百日草特別(東京・芝2000m)はレコードタイムで勝利。続くきさらぎ賞では評判牡馬たちを蹴散らして、牝馬として51年ぶりの優勝を決めた。

 その年、期待された牝馬三冠では美酒を味わえなかったものの、GIオークス(東京・芝2400m)で2着と奮闘。古馬相手のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)でも僅差の4着と、秘めた能力の一端を見せた。

 翌2016年は、GIIIエプソムカップ(東京・芝1800m)とGII毎日王冠(東京・芝1800m)を完勝。特に毎日王冠では、牡馬一線級を相手に堂々たるレースを見せた。

 そして、ルージュバックは今年も現役続行。待望のGIタイトル獲得へ、日々鍛錬を続けている。

 そんな悲願達成に燃えるルージュバックの妹が、デビューを控えた3歳馬の中にいる。エリティエール(牝3歳/父ディープインパクト)である。

この記事の続きを読む

1