全豪優勝でフェデラーは生ける伝説に。2人の激闘を見て、錦織は何を思う

 ロジャー・フェデラーが2度目のマッチポイント時に、コートの中へステップインしながら打ったフォアクロスへのショットは、サイドラインを捕らえたウィナーに見えたが、ラファエル・ナダルがチャレンジを要求した。会場内に映し出されたホークアイによるグラフィック映像がインと判定すると、フェデラーはコーチたちに向かって両手を挙げて喜びを爆発させた――。

 35歳のフェデラーが2012年ウインブルドン以来、約5年ぶりのグランドスラムタイトルを獲得した瞬間だった。

 35歳にして、7年ぶりに全豪オープンを制したロジャー・フェデラー

 オーストラリアン(全豪)オープン男子決勝で、第17シードのフェデラー(ATPランキング17位、1月16日付け、以下同)が、第9シードのナダル(9位)を6−4、3−6、6−1、3−6、6−3で破って、全豪で7年ぶり5回目の優勝を飾った。35歳174日での優勝は、全豪史上4番目の年長優勝となった。

「およそ5年間グランドスラムの優勝がなかった後に、この年齢の今でも優勝できた」

 フェデラーとナダルの対決は35度目になるが、フェデラーがグランドスラムでナダルに勝ったのは、2007年ウインブルドン決勝まで遡らなければならない。

 今回の決勝ではかつて頂点を極め、今は円熟味を増した2人が、ともにケガからカムバックを果たし、お互いの持ち味を存分にコートで発揮した。

この記事の続きを読む

1