アントラーズの快進撃はなぜ起きたのか。小笠原満男がその過程を語る

◆鹿島アントラーズ・小笠原満男インタビュー(前編)

 2017年元日――鹿島アントラーズは天皇杯決勝を制し、Jリーグクラブ史上最多となる通算19度目のタイトルを手にして、2016年のシーズンを締めくくった。

 振り返れば、J1リーグの全日程を終えたアントラーズはその後、チャンピオンシップを戦い、天皇杯、FIFAクラブワールドカップと、およそ40日間で10試合という"超"ハードスケジュールをこなした。その中で、J王者に輝き、前述のとおり天皇杯でも優勝。さらに、クラブW杯では日本勢初の決勝進出を果たし、欧州チャンピオンのレアル・マドリード(スペイン)との決勝では惜しくも敗れたものの、延長戦に及ぶ死闘を演じて世界中のサッカーファンを魅了した。

 チームを引っ張ってきたのは、紛れもなくキャプテンの小笠原満男である。そして、アントラーズが獲得してきた19個のタイトルのうち、小笠原が関わった栄冠はついに「16」を数えるまでに至った。そんな彼の目に、黄金期の再来すら予感させる昨季の躍進はどう映ったのだろうか。激動のシーズンを振り返ってもらった。

「シーズン終盤に進むにつれてチームがよくなっていったから、見ている人にとっては、面白かったというか、いいシーズンに見えたかもしれないけど、1年を振り返れば(自分たちの中では)いろいろなことがあったなって感じですね。ファーストステージは優勝したけど、セカンドステージは優勝戦線に加わることもできなくて。チームとしては難しい時期もあった中で、最後にはチャンピオンシップと天皇杯を獲ることができた。

この記事の続きを読む

1