「最後までピッチにいたい」。歓喜の裏で小笠原満男が感じていた無念

■鹿島アントラーズ・小笠原満男インタビュー(後編)

 2016年シーズン、7年ぶりにJリーグ王者に輝き、天皇杯とともに二冠を達成した鹿島アントラーズ。FIFAクラブワールドカップでも日本勢として初の決勝進出を果たし、"常勝軍団"は完全復活の兆しを見せた。

 そんなチームの精神的支柱であるキャプテンの小笠原満男は、今季でプロ20年目を迎える。これまで数々のタイトルを獲得し、今なお、チームの主力として活躍しているが、その欲は尽きることがない。だからこそ、本人にとって2016年は不本意なシーズンでもあった。

「やっぱり、タイトルの瞬間にピッチにいられなかったのは......悔しかったです」

 この春には38歳となる小笠原は、昨季は明らかに途中交代が多くなった。チャンピオンシップ、天皇杯決勝ともに、先発で出場しながら、タイトルが決まる瞬間はベンチで見守った。累積警告での出場停止やケガを除けば、優勝を決める試合終了のホイッスルをピッチで聞くことができなかったのは、まだ試合に出ることもままならなかったプロ1年目にまで遡(さかのぼ)る。ゆえに、秘める悔しさは想像に難くない。

 しかしながら、普通に考えれば、小笠原の年齢でシーズンを通してフル出場するということは、むしろ驚異であり、途中交代が増えることは、自然な流れにも思われる。それでも......小笠原自身には"年齢"に抗(あらが)おうとする思いがある。

この記事の続きを読む

1