今季MotoGP初テスト。移籍組ライダーが語るNewバイクの感触

 マレーシアのセパンサーキットで1月30日から2月1日まで3日間にわたり行なわれた2017年最初のプレシーズンテストでは、今年からモビスター・ヤマハ MotoGPへ移籍した22歳のマーベリック・ビニャーレスがトップタイムで締めくくった。

 今回は開幕を1ヵ月半以上先に控える1年間の最初のテストで、ここから各メーカーはマシンの戦闘力アップとパフォーマンス改善に向けてさまざまな手を打ってくるので、この3日間の結果が来るべきシーズンの勢力関係を直接に予言するわけではない。とはいえ、好調なスタートを切ったかどうかは、マシン開発の進捗状況やライダーの実力、適応性などを推し量るうえで重要な指標になることもまた、事実だ。

 その意味では、ビニャーレスにとって今回のテストは彼の高い資質を存分に誇示する3日間になったといえるだろう。

 ビニャーレスは、初日に3番手タイムを記録すると、2日目に2番手、そして最終日にはこのテストでの最速タイムを記録した。3日間を通してヤマハ最上位を常に維持しながら最後は総合トップで締めくくっただけに、走行終了後の夕刻には充実した口調でテスト内容を振り返った。

この記事の続きを読む

1