ポドルスキ不要?上り調子のヴィッセル神戸が、マジで今季はV候補

 2ステージ制だった昨季のJ1。ふたつのステージ順位を比べたとき、ファーストステージよりセカンドステージで順位を上げたクラブは、全部で7つある。それらのクラブは概ねシーズンの後半戦で調子を上げてきた、と見ることはできるだろう。

 なかでも、12位から2位へと大きく順位をジャンプアップさせたクラブがある。

 いわば、今季への期待をどこよりも大きく膨らませてくれたクラブ。それがヴィッセル神戸である。

 振り返ってみると、神戸は一昨季、ネルシーニョ監督が就任して以来、着実に進歩を遂げてきた。

 2015年のファーストステージは、勝ち点19の13位。総得点17、総失点19と、失点は少なかったものの、それ以上に得点が少ないことが響いた。その結果、4勝6敗7分けと勝ち切れない試合が目立ち、勝ち点を伸ばすことができなかった。

 続くセカンドステージも、再び勝ち点19の13位。総得点27、総失点30の数字が示すように、ファーストステージから大きく得点を増やす一方で、失点も激増した。結果は、6勝10敗1分け。勝ちは増えたが、それ以上に負けが増え、年間勝ち点でも12位に終わった。

 右へ舵を切れば右へ行きすぎ、左へ舵を切れば左へ行きすぎる。ネルシーニョ監督が就任した1年目のシーズンでは、神戸はなかなか正確な針路を取ることができずにいた。

この記事の続きを読む

1