錦織圭のデ杯欠場に、植田監督、M・チャンほか、それぞれが思うこと

 2月3日から、東京・有明コロシアムで男子テニス国別対抗戦デビスカップ(以下デ杯)・ワールドグループ(以下WG)1回戦「日本vs.フランス」が行なわれている。しかし、日本のエースである錦織圭(ATPランキング5位、1月30日付け)は出場していない。

 オーストラリアン(全豪)オープン開幕前の1月中旬に、錦織から日本代表辞退が発表されて、次のように思いを語った。

「今回はたまたまスケジュールがまったく合わなかった。それが一番の理由です。今、(日本)チームはすごく強くなっていますし、上まで行きたい気持ちはかなりあるんですけど、(デ杯出場で)ケガをしてしまっては意味がないので、今回は辞退させてもらいました。これから自分がトップに近づくにつれて、体力的なところも考えないといけないので、葛藤はありました」

 WGでの試合で、錦織が代表辞退をするのは、2014年WG準々決勝チェコ戦以来で、この時は直前のマスターズ(以下MS)1000・マイアミ大会でのケガが理由だったので、今回と状況は異なる。

 日本のファンが、フランスという強豪国を相手にホームで錦織のプレーを見られないことは残念に思うが、個人的な見解としては、錦織の判断は賢明であり、トップ10に定着した約3年前から、このような事態はいつあってもおかしくないと考えていた。

 錦織からデ杯日本代表の植田実監督に相談があったのは、昨年末だったという。植田監督は、錦織の心情を汲み取って申し出を受け入れた。

この記事の続きを読む

1