柴崎岳のデビューは18日か。 テネリフェ監督は「中央」で起用を示唆

 テネリフェのホームスタジアム、エリオドロ・ロドリゲス・ペレスで行なわれたチーム練習に合流し、新たなステージで始動した柴崎岳。カナリア諸島の心地よい晴天の空のもと、久しぶりに触れたボールの感触や新チームでの初練習に充実感を見せた。

「まあサッカーはサッカー。そんなに言葉は分からなくても、ある程度は言っていることは分かったし、そんなにストレスなくやれたし、しっかり体を動かせた。ずっと体を動かしていなかったので、ちょっとすっきりした部分もありますね」

 この日は「聖カンデラリアの日」という祝日だったテネリフェ。開放されたスタンドには前日の記者会見に続き、地元テネリフェの多くの記者陣が陣取った。それだけでなく、愛するチームの新加入選手を見物しようと、学校が休みだった子供からのんびりとチームを見守る老人まで、老若男女が駆けつけた。

 メディア、サポーターをシャットアウトしているプリメーラ(1部)のクラブに比べると、選手との距離が格段に近いテネリフェ。ロッカールームからグラウンドに向かう短いコンコースで、サポーターのターゲットになったのは柴崎だった。チームメートが次々とグラウンドに入る中、サポーターの激しいプレスにあった日本人MFは、写真撮影に応じざるをえなかった。

この記事の続きを読む

1