大谷翔平ロングインタビュー。届かなかったWBC、無念の思いを激白

 右足首に不安を抱え、投手としてWBCの出場を辞退していた北海道日本ハムの大谷翔平の欠場が正式に決まった。右足首の状態はどうなのか? いつから痛めたのか? なぜこの時期での辞退だったのか? 様々な憶測が飛び交うなか、大谷がここに至るまでの経緯を明かした──。
── 野球がうまくなるのはオフだと言って、毎年、その時期の練習を楽しんでいる大谷選手ですが、もしかしたらこのオフは右足首に不安を抱えて、楽しくないオフになっていたのでしょうか。

「そんなことはないですよ。そういう(右足首に不安を抱えた)状態でも、できることはたくさんあったので、右足首はよくなると信じてWBCへ向けての調整をしてきましたから......実際、状態がよくなって、かなり思うように動けるときもありましたしね。ただ、その状態が続かないというか、なかなか一定しませんでした」

── 軸足となる右の足首の後ろ側、アキレス腱の下あたりにある"三角骨"に骨棘(こつきょく、骨のとげ)があって、それが痛むということだと聞いていますが......。

「はい、そうです」

── 痛むのはどの瞬間だったんですか?

「投げにいくとき、ちょうどリリースする瞬間ですね」

── 最初に痛めたのは、日本シリーズで一塁へ駆け込んだとき?

「そうですね、そこがきっかけでした。ただ、足首については、ぼくの場合はもともと緩かったので、テーピングをしてプレーすれば支障がないことも多かったんです。なので、そのあとのオランダとメキシコとの(侍ジャパン強化)試合では、ピッチングをするのは厳しいかなという状態でしたけど、十分、走れたので、だから野手で出場させてもらいました。でも、そこでまた悪化させてしまって......ゲームだと、痛くても走っちゃうものなので......そこは難しいところです」

この記事の続きを読む

1