調教相手はマカヒキ。激アツ牝馬戦線の「隠れた大物」アドマイヤミヤビ

2017年クラシック候補たち
■第1回:アドマイヤミヤビ

 2月に入り、3歳クラシックの開幕までおよそ2カ月となった。牝馬は第1弾のGI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)、牡馬はGI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)へ向けて、いよいよこれから本格的な戦いが始まろうとしている。

 そんな中、3歳牝馬戦線において、注目の1頭が今週登場する。GIIIクイーンC(2月11日/東京・芝1600m)に出走するアドマイヤミヤビ(牝3歳/父ハーツクライ)である。

 昨年7月にデビューした彼女は、初戦で2着とまずまずの走りを見せると、2戦目の2歳未勝利(2016年9月24日/阪神・芝1600m)を快勝した。

 そして圧巻だったのが、3戦目となった500万下の百日草特別(2016年11月6日/東京・芝2000m)だ。中団を進んだ同馬は、直線で33秒5の上がりを駆使して優勝。牡馬相手に会心の走りを披露した。

 しかも、ここで負かした馬たちがその後、こぞって活躍。この勝利の価値がなお一層上がった。

 2着に敗れたカデナ(牡3歳)は、続くGIIIラジオNIKKEI杯京都2歳S(2016年11月26日/京都・芝2000m)を快勝し、重賞ウィナーとなった。さらに3着のアウトライアーズ(牡3歳)も、続く500万下の特別戦を楽勝。このあと確実に重賞で人気になる評価を収めている。

 自身のレースぶりだけでなく、ライバルのその後によって、アドマイヤミヤビは一躍注目の存在になったのだ。

この記事の続きを読む

1