まだまだ勝つ松山英樹。あとはそれが「マスターズ」にハマるかどうか

 アリゾナ州のTPCスコッツテールで開催されたウエイストマネジメント・フェニックス・オープン(2月2日〜5日)で、ディフェンディングチャンピオンの松山英樹(24歳)が連覇を達成した。昨年はリッキー・ファウラー(28歳/アメリカ)とのプレーオフ、そして今年もウェブ・シンプソン(31歳/アメリカ)とのプレーオフを制して栄冠を手にした。

「これだけたくさんのギャラリーの中でプレーすることはなかなかないこと。その中で、本当に楽しく、集中してプレーができました。まあ、(自分のプレーが)いいプレーだったかどうかわからないけど、勝つことができてうれしいな、と思います。プレーオフに入ってからは、昨年と比べると今年はいっぱい、いっぱいだった。それは、体力的なもの。昨年は余裕があって『何ホールでもいけるよ』という感じだったけど、今年は『早く終わってくれ』と思っていましたから。そうした状況にあって、ウェブのパットがあとひと転がり、あとひと筋違って入らなくて、そのおかげで勝つことができた。それは、ラッキーだったと思う」

 昨年の覇者であり、相性のよさもあるのだろう、松山は初日から好スタートを切った。ここ2試合で調子を落としていたショットが復調。ベタベタとピンに絡んでいくようなことはなかったものの、6バーディー、ノーボギーのラウンドで、首位と1打差の暫定2位で発進した。

この記事の続きを読む

1