F1新時代を予測。「史上最速のコーナリング」を制するのは誰だ?

F1新時代 コーナリング注目

◆2017年シーズン10大注目ポイント@前編

 2017年は「F1新時代」が始まる――。

 マシンのルックスが大きく生まれ変わるうえに、ラップタイムが約5秒も速くなる。王者ニコ・ロズベルグやジェンソン・バトンが引退していく一方で、新世代の若手の台頭が著しい。大物ルーキーも登場する。そして、F1の頂点に君臨し続けてきたバーニー・エクレストンまでもが引退し、新たな首脳陣のもとで改革が進められていく。

 そんなF1新時代を見逃す手はない。シーズンの開幕を前に、2017年F1の見どころを解説しておこう。

(1)F1史上最速。「高速コーナリング」の迫力に注目せよ!

 前回のコラムで解説したとおり、2017年はマシン規定が大幅に刷新され、ダウンフォースの増大とタイヤのグリップ向上により、F1は1周あたり約5秒ものタイムアップを果たす。

「コーナリングが速くなり、ストレートは今までと変わらない。つまり、5秒ものタイムアップはすべてコーナーだけで果たされるんだ。これは、とてつもないことだ」

 ピレリのレーシングマネージャー、マリオ・イゾラは言う。ダウンフォースが増すだけに空気抵抗も増えて、ストレートはむしろ遅くなることを考えれば、いかにコーナーが速くなるかがわかる。

 ここ数年のF1は、開発が大きく制限された空力性能に頼るよりも、1000馬力近くまで増大したパワーユニットの性能にものをいわせてストレートで稼ぐのが、最速で走る方法だった。しかし2017年からは違う。

この記事の続きを読む

1