過熱するフィーバーにも稀勢の里は「不動心」。新横綱の2週間に密着

 新横綱フィーバーが沸騰している。

 大相撲初場所で初優勝を飾り、19年ぶりに日本出身の新横綱となった稀勢の里(30歳・田子ノ浦部屋)。明治神宮の奉納土俵入りでは、史上2位の1万8000人を集め、3月12日に初日を迎える春場所の前売り券は、新横綱効果で発売開始からわずか2時間あまりで完売するなど、日本中の期待と注目度は過熱する一方だ。

 ただ、そのド真ん中にいる主役は、周囲の熱気をよそに、これまでと同じように「土俵中心」の姿勢を変えていない。最高位を極めてなお「不動」を貫く稀勢の里の、激動の2週間を追った。

 1月25日、春場所の番付編成会議と臨時理事会を経て第72代横綱・稀勢の里が誕生した。過熱する新横綱フィーバーは、まず、晴れの昇進伝達式を変えた。通常は部屋で行なう伝達式だが、殺到する報道陣に備え、100人以上を収容できる帝国ホテルの宴会場に変更となったのだ。

 テレビカメラ13台、およそ150人の報道陣が押し寄せた伝達式。注目の口上は「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」だった。大関昇進の時と同様にシンプルで飾らない言葉で最高位を務める決意を表し、「自分の今の気持ちをそのまま伝えました」と、これまでと変わらない相撲道を貫く気持ちを披露した。

 目標とする横綱像については「横綱は常に人に見られている。稽古場はもちろん、普段の生き方も見られている。そういう部分も人間的にも成長し、尊敬される横綱になっていきたい」と述べ、新たな門出にも浮かれることなく自らを戒めている。

この記事の続きを読む

1