川崎F・中村憲剛が語る、新たな得点パターンと「初めての守備練習」

 川崎フロンターレは昨季、年間勝ち点2位という結果を残しながら、チャンピオンシップ準決勝で鹿島アントラーズに敗退。天皇杯決勝でも再びアントラーズに惜敗し、またも無冠に終わった。

 そして、5年間指揮を執ってきた風間八宏監督が退任し(名古屋グランパスの監督に就任)、エースFWの大久保嘉人がFC東京に移籍するなど、一時代を築いた面々がチームを去った。

 今季は、昨年まで風間監督のサポート役を務めてきた鬼木達コーチが新監督に就任。新戦力には、前所属でもチームの主力だったMF家長昭博(大宮アルディージャ→)、MF阿部浩之(ガンバ大阪→)らが加入し、新たなスタートを切った。

 1月中旬の始動から、すでに宮崎合宿を終えて沖縄キャンプへ突入。"鬼木イズム"は少しずつチーム内に浸透し始めている。

 その新生チームで、悲願のタイトル獲得に向けて、決意を新たにしているのが、チームの顔であり、昨年のJリーグMVPに輝いた中村憲剛だ。彼のシンボルでもあったキャプテンマークを小林悠に委ね、中村にとって今季は、まさに心機一転のスタートとなる。

「(キャプテンマークを委ねたのは)悠にキャプテンを任せられる時期が来たから、ですよ。他の選手への声かけをはじめ、試合で決定的なゴールを決めるなど、チームを本当に救える選手になってきた。鬼木さんから『悠に(キャプテンを)』という提案を受けたとき、まったく問題ないと思ったし、これ以上ないタイミングだと思った。これからは、名実ともにチームを引っ張っていってもらいたい」

この記事の続きを読む

1