J1に帰還する「2人のレジェンド」。札幌・小野伸二と稲本潤一の今

 今のJリーグには、わかりやすいヒーローが必要だ。

 日本のトップリーグは長い停滞期に入っている。才能ある日本人選手が次々と海外へと渡り、アジアでの地位も潤沢なオイルマネーを有する中東勢や、サッカーバブルが止まらない中国勢などの脅威にさらされている。事実、アジアチャンピオンズリーグでも、2008年にガンバ大阪が優勝して以降は決勝にさえ残ることができておらず、Jリーグのクラブチームが「アジアの盟主」とは、口がすべっても言えなくなった。

 そんな、「地味になった」国内リーグにおいて、数少ない現役の"レジェンド"がJ1に戻ってくる。昨季のJ2を制したコンサドーレ札幌に所属する、小野伸二と稲本潤一だ。もしかすると若い読者の中には知らない人もいるかもしれないが、このふたりは、まだ海外に移籍するJリーガーが少なかった2000年初頭において、世界的に認められた日本人フットボーラーである。

 15年前にオランダのフェイエノールトでUEFAカップ(現・ヨーロッパリーグ)を制した「シンジ」は、ウェスリー・スナイデルやロビン・ファン・ペルシーら、真のワールドクラスたちが絶賛する選手だ。対する「イナ」は、欧州クラブでは小野ほどの成功に恵まれなかったものの、強豪アーセナルの名伯楽アーセン・ベンゲルが獲得を熱望して移籍、フラム時代の恩師クリス・コールマン──昨夏のEURO2016で、小国ウェールズを4強に導いた名将──からも高い評価を受けている。

この記事の続きを読む

1