「カズさんより先にやめたくない」 小野と稲本の絶大な存在感は衰えず

 2017年のJ1に、小野伸二と稲本潤一が戻ってくる。前者にとっては清水エスパルス時代の2012年以来、後者にとっては川崎フロンターレに所属していた2014年以来となる。

 ただし、前回の記事で書いたように、ふたりとも現在はケガが完治しておらず(小野はそけい部、稲本はひざの重傷からの復帰途上)、1月下旬にコンサドーレ札幌の沖縄キャンプを訪れた際には、別メニューでの調整を続けていた。彼ら自身が「焦らずに」と語るように、完璧な状態で復帰して、それぞれの持ち味をピッチ上で十分に発揮してもらいたい。

 その一方で、37歳のベテラン選手をじっくりと治療に専念させる、コンサドーレ札幌というクラブの懐の深さを感じた。当然、これほどのネームバリューがある選手は、Jリーグ全体を見渡してもなかなかいないため、「集客力になる」ことは間違いない。札幌がキャンプを行なっていたのは、かのキャンプ・ハンセンにほど近い、のどかな場所にある金武町陸上競技場のグラウンド。そこにも、彼らの姿をひと目見ようと複数のファンが集まり、練習後には一緒に写真に収まろうと声をかけていた。

この記事の続きを読む

1