「500mは無敵」の小平奈緒。 平昌の金メダルへの必殺技を手に入れた

 来年韓国で行なわれる平昌オリンピックの開催地となる江陵(カンヌン)オーバルで、プレオリンピックとなるスピードスケート世界距離別選手権が開幕した。その2日目の女子500mで、注目の小平奈緒(相澤病院)が今大会初優勝を果たした。

 今季のW杯500mは6戦6勝の負けなし。今大会も優勝候補の筆頭と見られていた。

 そんな注目されるなかでも小平は、「6連勝しているプレッシャーもなくてあまりドキドキしなかったというか、本当に集中して真剣になれたというのがよかったと思います。集中するというのは何も考えずに滑るということではなく、本当に集中すべきことが明確になっていることだと思うので。それを結城(匡啓)先生と積み上げてこられたのがよかった。それに今回は勝つことよりも、自己記録更新の方に意識がいっていたので。自分自身の滑りが楽しみというか、今シーズンは毎大会そういうのがあります」とリラックスして臨んでいた。

この記事の続きを読む

1