樋口新葉にチャンス。宮原なき四大陸フィギュアはフレッシュな顔ぶれ

 五輪出場の枠取りがかかる3月の世界選手権ヘルシンキ大会。その前哨戦となる四大陸選手権が、来年2月の平昌五輪本番会場となる江陵アイスアリーナで16日に開幕する。欧州勢が出ないこの大会、女子の表彰台争いは日本勢と北米勢がしのぎを削ることになる。

 日本にとっては残念なのは、全日本選手権で3連覇を達成した宮原知子が、左股関節の疲労骨折のため、四大陸選手権と続く冬季アジア大会を欠場することになったことだ。全治4週間ということだが、宮原は昨年12月のGPファイナルの前から、痛みを抱えながら大会に出場して結果を残してきた。

 宮原は昨季の四大陸選手権で、自己ベストを更新して初優勝を飾っている。相性のいい大会だけに、欠場はやむにやまれぬ決断だったのだろう。平昌五輪で3つの出場枠を確保するためには、日本の女王として世界選手権に出場して表彰台を死守する役割を担う必要がある。そのための治療優先だったに違いない。

 そんな緊急事態の中、全日本2位の樋口新葉と3位の三原舞依の若い2人には、初挑戦となる四大陸選手権で、世界のファンやジャッジに猛烈なアピールをするような演技をしてほしいところだ。

この記事の続きを読む

1