可夢偉の次は誰? F1昇格を狙う日本人ドライバーたちの2017年

■2017年シーズン10大注目ポイント@後編

(8)F1へのラストステップ。日本人ドライバーの活躍はいかに?

 2017年もF1では日本人ドライバー不在が続く。だが、その足音は着実に聞こえてきている。

 昨年ヨーロッパで戦ってきた松下信治(GP2/まつした・のぶはる)、福住仁嶺(GP3/ふくずみ・にれい)に加えて、今年は牧野任祐(まきの・ただすけ)がユーロF3に参戦する。

 2015年に日本のFIA-F4で頭角を現した牧野は、昨年は全日本F3に参戦するかたわら、スーパーGTのGT500クラスにスポット参戦していきなり2位表彰台を獲得。速さと順応性を見せ、2017年は昨年ランキング2位のハイテックGPからユーロF3に挑む。ここでF1昇格に必要なスーパーライセンスの権利を獲得しようというわけだ。具体的に言えば、ランキング2位以内に入ればF1昇格が可能になる。

 松下もGP2で選手権2位以内に入れば、F1昇格要件を満たす。参戦2年目の昨年はタイトル争いを宣言したものの、チーム体制の変化とプレッシャーに負けてスランプに陥ってしまった。しかし、終盤戦には速さと自信を取り戻し、初年度のようなヨーロッパ勢に負けない押しの強い走りが蘇ってきた。その強さを貫ければ、タイトル争いは十分に可能だろう。

この記事の続きを読む

1