Jリーグに韓国人GKブーム。日本の「守護神欠乏症」に打つ手はあるか

「自分やJリーグにいる韓国のGKが活躍することで、JリーグやKリーグが盛り上がり、サッカーの技術面の成長にもつながると思う。その中で、自分たちが何をどう頑張っているかをプレーで示したい」

 2016年シーズンのJ1年間チャンピオンに輝いた鹿島アントラーズの新体制発表会見でそう語ったのは、昨年のアジアチャンピオン(ACL優勝)全北現代モータースから加入したGKクォン・スンテだ。

 現在32歳のベテランGKは、2014年から3年連続でKリーグクラシック(1部)ベスト11を受賞したほか、韓国代表としては、現在行なわれている2018年ロシアW杯・アジア最終予選のメンバーにも名を連ねている。鹿島には2001年以来、長きにわたってゴールマウスを守り続ける37歳の守護神、曽ヶ端準が君臨しているが、その牙城を崩しそうな即戦力が加わることになった。

 これにより、今シーズンのJ1では18チーム中5人の韓国人GKがプレーすることとなったわけだが、このクォン・スンテ以外の4人は、いずれも昨シーズンに正GKを務めた実績の持ち主だ。チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、そしてク・ソンユン(コンサドーレ札幌)といった面々である。

この記事の続きを読む

1