アイスホッケーの美女GK藤本那菜、平昌五輪決定に導いた1年前の決意

 アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」が日本勢一番乗りとなる平昌(ピョンチャン)五輪の出場権を獲得した。そのスマイルジャパンの守護神として、ゴールを守り抜いたのが藤本那菜だ。約1年前、スポルティーバは藤本にインタビューを行ない、彼女の素顔と平昌五輪への思いについて聞いていた。藤本がどんな決意で五輪最終予選に挑んでいたのか、あらためて紹介したい――。
【web Sportiva 2016年1月掲載の再録】

 2015年10月に産声を上げた、世界初の女子アイスホッケープロリーグ『NWHL(National Women's Hockey League)』。この新リーグで、ひとりの日本人選手がプレーしている。アイスホッケー女子日本代表、通称"スマイルジャパン"の一員でもある、GK藤本那菜(ニューヨーク・リベターズ)だ。彼女が新リーグでプレーするに至った経緯とは。そして彼女が目指す場所とは――。

―― いきなりですが、「AKB48の小嶋陽菜さんに似ている」と言われませんか?

藤本那菜(以下:藤本) いえいえいえいえ。もしかして、ちょされてますか?

―― ちょされてる? 方言ですか?

藤本 すみません、北海道弁ですね(笑)。「からかってますか?」って意味です。

―― いえいえ。ではさっそく、藤本選手の経歴からお聞きしたいのですが、競技を始めたのは小学校1年なんですね。

藤本 はい。

1 2 次へ