4日で5種目のタフ娘。オールラウンダーの高木美帆が五輪メダルへ前進

 来年開催される平昌五輪プレ大会として、2月12日まで韓国の江陵(カンヌン)オーバルで行なわれていたスピードスケート世界距離別選手権最終日。

 前日の1000mで高木美帆(日体大)は1分15秒47の6位という結果に、「今日は自分の弱いところに打ち勝つことができなかったのが一番悔しい」と語っていた。

 しかし、最終日のこの日は一変する。最初の1500mで昨年12月のヘレンベーン(オランダ)で出した、低地自己最高記録を0秒96更新する1分55秒12で3位になって、この種目11年ぶりとなる世界距離別のメダルを獲得。その後行なわれたマススタートでは、ラスト2周から先頭に出て姉の高木菜那(日本電産サンキョー)を引っ張った。自身は転倒に巻き込まれてメダル獲得はならなかった(21位)ものの、姉の銀メダル獲得に貢献した。

 高木は今大会、初日からレースに出ずっぱりだった。初日の3000mでは15年に高地のカルガリーで出した4分05秒34の自己記録を大きく更新する4分04秒50で8位。しかし、表情はあまり明るくなかった。

この記事の続きを読む

1