エアレース開幕戦は惨敗でも、室屋義秀が「次は期待して」と言えるわけ

 予選を終えたこの日、すでに日没から数時間が経過していた。レースエアポート内にある各チームのハンガー(格納庫)も、ほとんどが"店じまい"。昼間の慌ただしさが嘘のように静まり返るなか、一ヵ所だけ煌々(こうこう)と闇に光を放つ場所があった。

 室屋義秀を擁する、チーム・ファルケンのハンガーである。

 毎年恒例のUAE・アブダビで開幕戦を迎えた、レッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップ。2017年シーズンのスタートとなるレースで、室屋は思わぬ苦境に立たされていた。

 室屋は昨季最終戦が終わり、このシーズンオフにエンジンの冷却システムの改良を行なった。ところが、それが思うように機能せず、室屋のエンジンはアブダビ到着以来、ずっと不調を訴えていた。予選が行なわれる日を迎えてもなお、状態は改善の兆しを一向にみせず、室屋の機体は著しくスピードに欠けていた。

 予選の結果は10位。しかも、タイムではトップから2.5秒以上も後れをとっており、まったく勝負にならないお手上げ状態だった。

「エンジンが完全にオーバーヒートしている。なんか(原因は)よく分からないんだけど」

この記事の続きを読む

1