小林可夢偉、スーパーフォーミュラ新チームとル・マン制覇の野望を語る

 小林可夢偉に、新しい彼女ができた。

 無論、プライベートにまつわるゴシップ話ではなく、今年コース上でともに戦う"お相手"のことだ。

「もうご挨拶も済んで、まぁ順調だと思います。相性がどうかとかはまだわからへんけど、大丈夫だと思います」

 可夢偉はこれまで2年間戦ってきた名門のチーム・ルマンを離れ、3年目のスーパーフォーミュラをKCMGという新たなチームで戦うことになった。
「ほら、女の子って3年以上付き合ったらアカンって言うじゃないですか。2年目のジンクスってヤツ(笑)? (チーム・ルマンとは)まぁ、自然消滅みたいなもんかな。そこにたまたま別のいい女の子がいたっていうことですよ」

 チーム移籍を、可夢偉はそう語る。

 KCMGは2007年に香港をベースに設立された、いわば新興チームのひとつだ。スーパーフォーミュラには、まだフォーミュラ・ニッポンと呼ばれていた2010年から参戦しているが、これまで勝利はない。

 それでも可夢偉は、名門を離れる決意をした。何をどうやってもクルマがうまく決まらない、という原因不明の問題を払拭するためには、新天地でイチから出直すことが必要だと感じたからだ。

この記事の続きを読む

1