フェブラリーSで「強い根岸S組」に勝てる、 とっておきの1頭がいた

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年最初のGIフェブラリーS(2月19日/東京・ダート1600m)が開催されます。

 ただ、メンバー的にはやや寂しい感じがしますね。長くダート界をけん引してきたホッコータルマエが引退し、代わって中心的な存在となったアウォーディー、さらにそのアウォーディーを地方交流重賞の東京大賞典(2016年12月29日/大井・ダート2000m)で破ったアポロケンタッキーらが出走しないからです。

 また、昨秋のGIチャンピオンズC(2016年12月4日/中京・ダート1800m)でアウォーディーを差し切って勝利し、ダート界のトップに踊り出ようかというサウンドトゥルー(せん7歳)も、当初は芝スタートに懸念があって、ここに向かう予定はなかったそうです。ゆえに、およそ2週前に行なわれた地方交流重賞の川崎記念(2着。2月1日/川崎・ダート2100m)を使ったのでしょう。

 それが結局、今回も出走することになったのは、前述の2頭が回避し、相手関係が楽になったからだと思いますが、はたしてそういった形の出走で結果が出せるのか、やや疑問です。主戦の大野拓弥騎手が騎乗停止となって、直前に鞍上が代わるのもプラスとは言えません。

 昨年の覇者モーニン(牡5歳)にしても、名手のライアン・ムーア騎手が鞍上を務めることで人気にはなりそうですが、気にかかる点があります。

1 2 次へ