阿部勇樹「すべてはレッズのため。レッズでサッカー人生を終わらせたい」

 今季、6年連続でキャプテンを任された浦和レッズの阿部勇樹。2017年シーズンは、「集大成のシーズンになる」と語った。

 9月には36歳になるが、2012年にレスター(イングランド)からレッズに戻って以来、2013年に1試合出場停止となっただけで、その他の4シーズンはリーグ戦全34試合に出場。"鉄人"ぶりを見せつけており、老け込む様子はまったく感じられない。

「でも、今年にかける思いは強いです。別にやめるとかではないけど、集大成になると思うんですよ。なぜかっていうと、今年は(年男の)酉年でしょ。12年前のときは(ジェフユナイテッド)千葉にいて、シーズンベストの12得点を挙げて、ヤマザキナビスコカップでも優勝して、すごくいいシーズンだった。だから、今年も、という思いが強い。もうこの次の12年後なんて、考えられないですから。

 昨季からはまた年齢がひとつ上がって、自分のパフォーマンスを考えても"集大成"として、今年は最高のパフォーマンスを見せていきたい。そうしていかないといけないと思っている。

 自分にプレッシャーをかける意味もあります。昨年は、常に全力を出して戦ってきたけれど、それでも優勝できなかった。今年は、それ以上にやらないと優勝できない。それに、最近は自分にプレッシャーをかけることもしてこなかった、という思いがある。"集大成"と口に出して言うと、さらに責任が増すじゃないですか。それを受け止めてプレーし、飛躍の年にしたいんです」

 放つ言葉に力がこもった。

この記事の続きを読む

1